ハイトーンのピンク

ハイトーンのアッシュ系やヴァイオレット系が以前まで施術していましたが、今回Wカラーでハイトーンの淡いピンク味カラーをしました淡いピンクなのでシャンプー等での褪色が早いので、ホームケアでカラートリートメント・カラーシャンプーを利用してカラーをキープさせるようアドバイスしました

SNSでもご購読できます。